今日もお天気がよさそう。

もう厚手のコート、いらなくなるかなー。

と思ってると、また急に寒くなったりもするんだろうな。

気温差の激しさに、体がついていけるか?!(笑)

しっかり、体調管理したいと思います。



さて、今日は「お弁当箱」

それも、おっじぃ用に使っているお弁当箱をちょっとご紹介。


おっじぃのお弁当箱の条件

◎お米もしっかりあること⇒2段弁当。米とおかずが別

◎ビジネスバッグに入る⇒スリムタイプのお弁当箱


という、条件のもとお弁当箱を探しています。

ちょっと前までプラスチック製などの

いわゆるがっつりメンズ用でした。

ここ最近になって、わっぱ弁当箱が可能に。

レンチンして食べてないらしく、じゃあプラ製じゃなくてもいいかってことで。

そして、わっぱ弁当箱の方がご飯があまり硬くならないですし。

そして、全体の容量も少しダウンすることに。

850~900cc → 700~750cc


今はおっじぃ専用で3つのわっぱ弁当箱。

詰めるおかずによってお弁当箱をかえたりしてます。



obento20200312a




まずは最新版。

ビジネスバッグを更新し、リュックにしたので

かばんの幅に余裕があるので、スリムタイプでなくてもOKに。

上段340ml 下段420ml 合計760ml

フタのねこが何ともかわいくて(笑)

この形のお弁当箱がやはり詰めやすく

ご飯もおかずも量的にちょうどよく感じます。

深さも適度にあります。

食べ終わると、1段にできる入子タイプです。




obento20200312b


obento20200225a






幅7.5cm、長さ17.5cmのスリムタイプのお弁当箱

全体容量 700ml

ご飯はそれなりに入るのですが、おかず量が少な目。

犬派ではないのですが(猫派)フタのコーギーがかわいかった。

食べ終わると1段にできる入子タイプ。



obento20200312c



obento20191126



おっじぃ用のわっぱ弁当の1号
(ほんとはその前にあったのだけど、壊れました・・・)

くりぬきタイプのスリム弁当箱

上段300ml 下段450ml  合計750ml

ご飯が多い方がいいので下段の方に入れるのですが、

そうするとおかずの方が少な目になり、上段の方が深さが浅い。

なので入れるおかずが平べったいものなど限られてしまう。

少し、上段下段で差がありすぎた感じでした。

これは食べ終わっても2段のままです。




obento20200312d



obento20191118a



何かのご参考になれば幸いです。





レシピブログに参加中♪




ブログが更新されるとLINEでお知らせが届きます。

読者登録お待ちしています!




















Nadia|☆ayaka☆